海外の人が爆笑した「日本人のかわいい勘違い」

初めての海外で、その国の勝手がよく分からずまごまごしてしまった…

なんて経験はありませんか?

日本で使い慣れていない物の使い方が分からず、間違った方法を試してしまったり…

でも勘違いを恥ずかしく思うことはありません!

むしろ海外の人には「かわいく」映ることもあるみたいです。笑

そこで今回は、「海外の人(アメリカ人)がかわいいと爆笑した「日本人の勘違い」」5選いってみましょう!

1. バスルームがびちゃびちゃ

海外の人が爆笑-日本人の勘違い-アメリカ-ホテル-バスルーム-シャワー-バスタブ-シャワーカーテン

日本人が宿泊中のホテルに、私とアメリカ人がお迎えに行ったとき。

ちょうどシャワーが空いたので、そそくさとお手洗いを借りるアメリカ人。

そのホテルの部屋は、アメリカではよくあるユニットバスで、トイレとバスタブが隣同士になっています。

「Yuri~!」とバスルームから私を呼ぶ声がしたので、ドアを開け中へ。

「どうしたの?」

「床がびゅちょびちょなの、水漏れかな?」

私はすぐに気がついてしまいました。

シャワーカーテンが、おもいっきりバスタブの外にでていることを!!笑

海外の人が爆笑-日本人の勘違い-アメリカ-ホテル-バスルーム-シャワー-バスタブ

※もちろんカーテンのないスタイルのシャワーもあります!

シャワーを使った人に聞くと「えっ、カーテンは中に入れるの?!全然知らなかった!笑」

シャワーカーテンは、シャワーのお水がバスタブの外に漏れるのを防いでくれるものなので、中に入れないと、お水は外へ出てしまいます。

恥ずかしそうに笑うその人を見て、「かわいい」とアメリカ人は思ったそうです。笑

2. ケンタッキーある?

海外の人が爆笑-日本人の勘違い-アメリカ-ケンタッキー-第一号店-ケンタッキーフライドチキン-ユタ州

日本でもお馴染みの「ケンタッキーフライドチキン」。

ケンタッキー州出身のカーネルサンダースが、アメリカのユタ州に第一号店をオープンさせました!

海外の人が爆笑-日本人の勘違い-アメリカ-ケンタッキー-第一号店-ケンタッキーフライドチキン-ユタ州-カーネルサンダース

一号店は彼が当時着ていたスーツや、使っていた圧力鍋などが飾られ、美術館のようになっています。

それゆえに、ケンタッキーは「アメリカ発祥」のお店です。

ある日本人が「アメリカにもケンタッキーはある?」と、純粋な眼差しでアメリカ人に質問しました。

優しい笑顔で「ありますよ」と答えるアメリカ人。

そして私の方を向いて、笑顔を見せるアメリカ人。

友人には分からないように英語で「ケンタッキーは日本のお店だと思っているのだと思う」と私が言うと「かわいい」と言っていました。笑

3. 和製英語

海外の人が爆笑-日本人の勘違い-アラジン-アラブ-お城

この間違いは全部私がしたものです。笑

ディズニー映画「アラジン(Aladdin)」の話をしていて、アメリカ人の反応が何だかおかしいことに気が付きました。

「ねえ、アラジン知ってるよね?」

「うん、Aladdinなら知ってる、笑」

そう冗談ぽく言われ…

「あれ…?ALaddin?ARaddinじゃない?笑」

昔の話ですが、「Aladdin(アラジン)」は「ARaddin」だとずっと思っていました。

「いつ指摘しようか迷ったけど、面白いからほっておいた」

そう言われ爆笑しました。

たとえば「fart(おなら)」も、長いこと「firt」だと思っていて、それでもなんとなく通じてしまっていました。

でもある日「どうしておならをfartって言うの?」と小学生に聞かれ気がつきました。笑

「マシュマロ」と英語で言いたかったときも、ピカチュウも…私は色々とよく間違えます。

海外の人が爆笑-日本人の勘違い-マシュマロ-お菓子

「マシュマロはmarshmallowとRが入るのだよ」

「ピカチュウはPikachu」

文章では分かりづらいですが、チュウにアクセントではなく、ピにアクセントがつくと小学生が教えてくれました。笑

海外の人が爆笑-日本人の勘違い-アメリカ-メルセデス-ベンツ-車-高級車-子供おもちゃ

いままでで一番爆笑されたのは「メルセデス」。

日本語では「メルセデスベンツ」ですが、英語では「Mercedes」。

※文字では表現しづらいですが「ムァーセイディズ」という感じになります。笑

当時なんとか英語っぽく言ったつもりですが、全然違っていたようで、今でも当時を思い出し友人に笑われます。笑

英語の勘違いは可愛くはないかもしれませんが、場の空気が和やかになりますし、笑い話になるので、「まぁいっか」です。笑

4. ティーンエイジャー

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-子供-ティーンエイジャー-学生-友達-仲間

アメリカ人の友人が、9歳の娘さんの誕生日の話をしていたとき。

「もう10歳、ティーンエイジャーか早いね」

「まだティーンエイジャーじゃないよ、笑」

そのときまで「10代はティーンエイジャー」だと完全に勘違いをしていましたが、そじゃないそうです。笑

「teen(ティーン)」とつく「13歳から19歳までがティーンエイジャー」だと教えてくれました。

「もしかしたら人によって、認識の違いがあるのかもしれないけど」と言われました。

確かにジーニアス英和辞書を見たら、意味は「10代の少年/少女」、「21、22歳くらいまでを含むこともある」とも書いてありました。

ただ私の周りでは「ティーンエイジャーは13歳から」と考える人が多いです。

5. 3番プリーズ

この勘違いはなかなかしないと思うのですが、ハワイのレストランでカウンターオーダーを待っていたとき。

英語を全く話さない私の父が、なぜか潔く(いさぎよく)私たちの先頭に立ってオーダー待ちをしていました。

個々にオーダーするシステムだったので、『「ナンバーフスリープリーズ」って伝えれば大丈夫だから、自分でオーダーしてみる?』

「オッケーオッケー!」と自信たっぷり。

父の番がきて、店員さんが「どれになさいますか?」と英語で父に聞いた瞬間…

父の顔と体が、一瞬でガチガチになる様子が見えました。笑

心配しながらも任せておくと、ガチガチのまま元気に「3番プリーズ!」。

緊張しすぎて、日本語と英語の区別がごちゃごちゃになってしまったようで、「ナンバースリー」を「3番」と、おもいっきり日本語で言っていました。笑

店員さんの「へっ????」という不思議な顔をみた父は、「3番」とまた日本語で言いました。笑

店員さんには私から「ナンバースリー」をお願いしました。笑

後日アメリカ人の友人にこの話をすると、「Yuriのパパらしいね」と爆笑していました。

海外の人がオーマイゴットと心配になった「不安な日本」

「日本大丈夫かな」

良くないニュースを聞いたり、不安になる出来事が続いたりすると、心配になることはありますよね。

同じ日本という環境に暮らしているからこそ、共有する不安というのもあるように思います。

しかし今回は、日本とは違う文化や環境から来た、海外の人

が感じる「日本の不安要素」。

「へえ、外国人もそう思うんだ」

「それは海外らしい反応だなぁ」

と思うものまで!

海外の人(アメリカ人)がオーマイゴットと不安になった日本」5選いってみましょう!

1. 物乞いをしないホームレス

ある日、集めたアルミ缶のようなものが入ったボロボロのビニール袋を沢山持って、道路の隅をトボトボと歩いている人を見かけました。

汚れてしまった洋服を重ね着し、髪の毛も汚れで束になり、見るからにホームレスと分かりました。

「どうして歩道を歩かないんだろう?危ないよね」

そのホームレスの方が気を遣って、駅前の人ごみを避けていることはすぐに分かり、そうアメリカ人に伝えました。

そしてある日、「日本のホームレスはどうやって生活しているの?」とアメリカ人に聞かれました。

私の分かる範囲で伝えると、「そんなの十分なはずないのに、物乞いをするホームレスがいないなんて…」

「ホームレス」に対する見方は、日本とアメリカで異なることもあるのかもしれません。

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-アメリカ-ホームレス-物乞い-助け合い

街中や道路で、サインを持って物乞いをするホームレスの姿は、アメリカではよくある光景です。

車の窓から、ホームレスにお金を渡す人の姿もよく見かけます。

無料のシェルターもあり、制限はありますが、申請すれば国からサポートが出ることもあります。

日本のホームレスの生活がアメリカ人は心配で、ちゃんとしたサポートシステムがあるのか不安になったそうです。

ある日、道端でダンボールに力なく座り、ぼーっとするホームレスを見かけました。

「良かったら使って下さい」と心ばかりのお金を、アメリカ人と渡しました。

しかしあまりに驚いたのか、目を丸くされ、言葉がでない様子。

「大丈夫、応援しています」と伝えると、間をおいて「ありがとう」と力なく言ってくださり、アメリカ人と一緒に涙ぐんでしまいました。

日本の「人に迷惑をかけるのは良くない」という強い考えが影響しているのか、「助けてほしい」と言えない環境なのかと色々考えさせられました。

2. ダイエット

広告やテレビの企画など、「ダイエット」に関するものが日本では多いことに気がつたアメリカ人。

「日本人は痩せることに対して意識が高いよね」

確かに日本人の多く(特に女性は)、「痩せる」ことへ常に意識を向けている気はします。

雑誌の企画でダイエットに挑む女の子を見ながら、「オーマイゴット!」

「どうしたの?」

「この子はこの美しい体型から、さらに痩せたいってこと?!」

かなり引いていました。笑

そのアメリカ人が心配していたのは、日本人の思う「痩せている」の感覚が異常に細いこと。

世界の体型に関する基準は、色々あると思います。

日本でぽっちゃりだと言われる体型は、アメリカではナイスカーヴィーボディーと言われることもあると思います。

私が一緒にいたアメリカ人は、アメリカでは普通の体型で、ふとっても痩せてもいない健康的な体です。

でも日本で、自分に合うジーンズのサイズがなかったり、街中を歩く日本人女性を見ていると、自分が大きく見えてくることもあるそうです。

比べる対象や、「細い」「太い」の基準、環境が変わると、自分の体型へのコンプレックスが強くなったり、または無くなることもあるよね、なんて話をしました。

3. アイラブユーを言わない

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-アメリカ-ハート-アイラブユー-愛-カップル

みなさんは今まで、誰かに「愛してる」と伝えたことはありますか?

もしあれば、どれほど頻繁に伝えていますか?

私個人の感じ方なので、「日本人全般」とは言ったことがありませんが…

「アイラブユーは、長く寄り添ったパートナーに、募り募った気持ちを伝えるときにやっと出てくるもの」

ある時アメリカ人に私の考えを伝えたら、普段よく聞く「オーマイゴット」に何十倍もショック加えたオーマイゴットが返ってきました。笑

友達同士、恋人同士、夫婦、親子、どんな関係であれ、「アイラブユー」や「ラブユー」という言葉は、アメリカでは挨拶代わりのように頻繁に使うと教えてくれました。

「愛していると言わないで、どうやって気持ちを伝えるの?」

『うーん、「大好き」って言うことはあっても、「愛してる」はなかなかでないかなぁ』

今は、私の考え方や普通の基準が変わってきているので、この話をアメリカ人とした当時とは少し違います。

しかし「日本では、感謝の言葉や行動で愛情を表現する人が多いかもね」

その私の言葉に、アイラブユーと言葉で伝えるのも大切と思うアメリカ人は、「それで十分に伝わるのかな?」と不安そうでした。

4. バリアフリー

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-市バス-バス社内-高齢者

日本でバスに乗っていたとき。

「通路が狭いけど、車椅子の人はどうするの?」

「えっ、本当そうだよね、どうするんだろう」

今まで考えたこともなかった自分が、恥ずかしくなりました。

日本の電車では、車椅子の方の乗り降りをサポートする様子を見たことがあります。

でもバスは、車椅子の方が利用されているのを、まだ見たことがありません。

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-アメリカ-バス-バリアフリー-ロサンゼルス

アメリカのバスは、私の知る限りほぼバリアフリーです。

バスの車体が下がる仕組みになっており、入り口の床に組み込まれた、折りたたみ式のスロープを運転手さんがバタンバタンと開いてくれます。

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-アメリカ-バリアフリー-バス-車椅子

車椅子ごと乗り込むと、座席をバンバンとたたみ、車椅子用のスペースを作ってくれます。

車体が動いて危険がないよう、車椅子用のシートベルトもつけてくれます。

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-アメリカ-バリアフリー-駐車場-車椅子専用

レストランで実感、ここはアメリカなんだ!」でもバリアフリーについて触れましたが、老後はアメリカに住みたいなと思うほど、体に不自由のある人へのサポート体制が整っています。

「日本はこれから高齢者がますます増えるよね?」

そう言われ、私も不安になりました。

サポートが必要な方の声に耳を傾け、体に不自由がある方も、そうでない方も、誰もが平等に不便なく生活できるような環境が、もっと整うと良いなと思いました。

5. 禁煙ではないレストラン

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-カウンター-飲み屋-喫煙-タバコ

「禁煙席、喫煙席、ご希望ございますか?」

「禁煙でお願いします」

席につくとアメリカ人が「喫煙席があるの?」

そのお店の禁煙と喫煙席は、ガラス一枚で区切られただけのもの。

それを見て「オーマイゴット!煙こっちに入ってくるよね?!」

そのアメリカ人はタバコの煙がとても苦手で、少しでも臭うと「体に良くない」と健康上の不安が襲ってくるそうです。

海外の人がオーマイゴットと心配-不安な日本-アメリカ-レストラン-禁煙-スモークフリー

アメリカのレストランでは、州やエリアにより規則は異なりますが、喫煙が可能であることの方が珍しいです。

2018年の時点で、オフィス、バー、レストランの中で喫煙が可能な場所がある州は、12あるそうです。

私と一緒にいたアメリカ人は、その12州以外に住んでいるので、普段の生活でタバコの煙にさらされることは全くないらしいです。

タバコを吸わない人の、受動喫煙による影響が不安と言っていました。

「喫煙/禁煙」というテーマ一つをとっても、タバコを吸う人、吸わない人、レストランの経営者など、意見は様々に分かれると思います。

色々な考え、または状況に置かれた国民の意見を聞き、不安に対応し、「より良い未来へ」と信じ、変化を起こしていくことは並大抵のことではないですよね。

色々な角度から日本を見ると、「オーマイゴット」と言われることに「オーマイゴット」と思う瞬間がたくさんあり、勉強になりました。