海外のぶっ飛んだ反応に笑った「こんなの日本らしくない!」

行ったことのない外国に、特定のイメージを持つことってありますよね!

実際に行ってみたら、良い悪いどちらにしても「印象が変わった」なんてこともあります。

日本にはじめて来た。

日本人と交流も今までほとんどない。

そんな外国人は、日本にどんなイメージを持っているのか。

「日本はこうあるべきだ」というものではなく…

「こんなの日本らしさと思ったことないけど、これが(も)日本なんだ!」と海外の人が思ったもの。

今回は、日本に初めてきたアメリカ人の反応をみて「そんな印象だったの?!」とびっくりさせられたものをご紹介します。

ぶっ飛んだものを集めた5選、行ってみましょう!

1. パワフルママ

「見て見て!」

アメリカ人に呼ばれ見てみると、ママチャリに子供を2人乗せたお母さんが信号待ちをしていました。

「わぁすごいね、3人も」

「え?!3人?!」

「お母さん背中におぶっているよ」

それに気がついたアメリカ人は「なんてことなの!!」と仰天。

色々なことに驚いたようで、1つ1つ教えてくれました。

ママチャリ-自転車-子供乗せれる自転車-駐輪場-japan-electric-bicycle

まず、子供を乗せられる自転車をはじめて見たこと。

自転車のカゴ部分に、子供が乗っているのもはじめて見たということ。

また、3人もの子供を1度に自転車で移動させる、日本のお母さんのパワーに感動したこと。

「日本のお母さんは、なんてパワフルなんだろう」

どうやら日本人女性は、細くか弱いイメージがあったそうで、「母は強いというのは世界共通だね」と言っていました。

「でも坂道を登るときはどうするんだろう」

日本ではママチャリが浸透していて、電動のものもあると伝えると目を丸くしていました。

アメリカで振動の少ないベビーカーに子供を乗せて、ジョギングしているパパママを見たことがあります。

「パワフルだなぁ」

そう思いましたが、見慣れない光景だっただけで、日本のママさんたち姿もかなりパワフルだなと改めて思いました。

2. 玄関の名前

日本-小道-細道-住宅-japan-streets-houses

お散歩中に、何かが目にとまったようで聞かれました。

「どうして家の玄関に名前が書いてあるの?」

当たり前のように「誰のお家か示すためだよ」と伝えました。

「個人情報丸出しにするの?!」

と、アメリカ人にかなり驚かれました。

日本人はプライベートで、あまり自分のことなどをペラペラ話さないイメージがあったそうです。

それなのに「こんな大事な情報を玄関に出すなんて…」笑

確かにアメリカでは、表札のついているお家はありません。

住所があれば手紙は届きますし、宛名はその手紙を受け取った家族の誰宛なのかを示すものという扱いです。

かなり昔の話ですが、日本で知り合いのおじさんに宅配のお手伝いを頼まれ、紙の地図を使い、住所を頼りに届け先を探していたとき。

「この辺りのはずなのだけどなぁ?」

そんな時に「このお家だ!」と決定づけるものは、いつも表札の名前でした。

表札のないお家は特定しづらく、インターホンを押して「○○さんのお宅ですか?」と聞いていたような気がします。

日本-小道-細道-japan-streets-houses

小さく入り組んだ道だと番地のサインも見つけづらく、とても時間がかかりました。

一方アメリカでは、どんなに小さなストリートにも名前がついています。

一軒家であればそれぞれ番号がついているので、名前で特定する必要もありません。

その番号も北に向かい走っている場合、東側(左側)の番号は奇数と決まっているので、迷うことも少ないです。

お家の外壁に番号がついていたり、ポストについていたり、かなり見やすいです。

表札をそんな風に見たことがなかったので、この反応には私がぶっ飛びました。笑

3. ID確認

チューハイ-ビール-コンビニ-お酒-japan-alcohol-beers-chuhai

日本のスーパーで、頼まれたお酒をアメリカ人と買っていたとき。

支払いを終え、レジを後にすると…

「ID確認されなかったよね!!」といわれました。

「うん、される方が珍しいかな」

「そんなの危ないよ!!」

アメリカより日本の方が簡単にお酒が買えることが、信じられなかったようです。

アメリカで飲酒は21歳以上から。

どこでお酒を買おうとしても、ID(身分証明書)の提示を求められます。

明らかに21歳以上に見える人でも、確か40歳未満に見える場合、キャッシャーはIDを確認しなければならないはず。

セルフ精算-セルフレジ-america-samsclub-cashier-selfcashier

ある日、スーパーのセルフキャッシャーで料理用にワインを買ったとき。

ワインをスキャンすると、店員さんを呼ぶようメッセージがでました。

店員さんがプロセスを進める中で、「お客さんは40歳以上に見えますか?」と画面に出ました。

店員さんが「いいえ」をクリックすると、IDを確認して誕生日を入力するよう画面に…こんな感じで必ず年齢確認がなされます。

またアメリカの酒屋さんのような場所で、手土産用にワインを買おうとしたとき。

「IDを見せて頂けますか?」

店員さんに言われ差し出すと…

「そちらの方も」

と、一緒にいたお友達までIDの提示を求められました。

日本人のそのお友達は、その日IDを持っておらず、私達はワインを買えませんでした。笑

州によって細かなルールが違う場合があるかもしれません。

また50代のアメリカ人の方と一緒のとき。

お酒をオーダした彼女に、ウエイターがID提示を求めました。

「わお!私が40代未満に見えるってこと♬?」と喜んでいました。笑

4. タバコの自販機

日本-自販機-煙草-タバコ-japan-vending-machine-tobacco-cigarette

日本でタバコの自販機を発見したとき。

「自販機でタバコが買えるの?!」とアメリカ人がぶっ飛んでびっくりしていました。笑

「こんなの日本らしくないよ…」と言われ、考えました。

アメリカではお酒と同様に、タバコもIDがなければ買えません。

アメリカには自販機はなく、スーパーやコンビニなどでキャッシャーから直接購入します。

たとえ21歳以上であっても、年齢を証明できるIDがなければ売ってもらえません。

「タバコ用のIDカードがないと買えないようになってるよ」

「でもかなり簡単にアクセスできちゃうよね」

何でもきっちりしたイメージのある日本。

それなのに、お酒とタバコに関してルールがアメリカよりゆるめなことに…

「なんか信じがたいよね」と言われました。

5. 江戸はどこ?

京都に到着してアメリカ人が一言。

「あれ?江戸の町は?」

あまりにも想像していた町並みと違い、大きなショックを受けていました。笑

京都全体に、江戸の町が広がっていると思っていたみたいです。笑

京都観光を少し終え、やっと「江戸の町並みは一部なんだね」

大切なことに気がついたようで安心しました。笑

日本-京都-祇園-江戸-japan-kyoto-gion-edo

夜の祇園では「これが見たかった!嬉しい!」と大はしゃぎ!

舞妓さんに遭遇したときも、イメージ通りの京都に触れられたことにとても感動していました。

日本-京都-祇園-江戸-japan-kyoto-gion-edo

「昔はもっと江戸の町並みが残っていたのかな?」

日本らしい昔ながらの町並みを、これからも残してほしいねと言われ、深く共感しました。

海外の人がなぜ人気か信じがたい「謎の日本商品」

「日本商品」と聞くと「メイドインジャパン」の商品を思い浮かべるかもしれません。

しかし今回は、日本製に関わらず、日本でよく見かける商品などで日本で人気のもの。

でも海外の人から見ると、「どうして人気なのかな?」と信じがたく、その理由を聞きたくなるもの。

日本人にとっては、言われてみなければ「なぜ?」と考えもしないような物ばかりです

海外の人(アメリカ人)が信じがたいと反応した『日本で人気商品』」4選いってみましょう!

1. アメリカ国旗デザイン

日本で、GAPの店舗を通りかかったとき。

「日本もアメリカの独立記念日を祝うの?」と聞かれました。

そのGAPでは、アメリカ国旗がデザインされた洋服が店頭に飾られていました。

日本でアメリカ国旗のデザイン商品は、わりと人気がありますよね。

でもアメリカ人が、母国の国旗デザインものを身につけるときは、ほとんどの場合「独立記念日」や「メモリアルデー」などのお祝いのときです。

アメリカでもそれらの祝日が近くなると、普段はあまり見かけない国旗デザインのTシャツやキャップ、水着など色々なものが売られます。

もちろんデザインが好きだったり愛国心で普段から身に着けるアメリカ人もいると思います。

しかし日本人がそれらを好んで身につけたりすることは、不思議に思うそうです。

ギャップ-日本国旗-日本限定-japan-gap-japanflag

確かにアメリカ人が日本国旗デザインのものを持っていたら、「日本がそうとう好きなのかな?」と思いたくなります。笑

アメリカ国旗-tシャツ-japan-tshirts-americanflag-design

日本人から見ればデザインの1つにすぎないかもしれませんが、アメリカ人の目には「母国の旗」なので、そのデザイン商品が人気というのは信じがたいそうです。笑

2. ビニール傘

雨の日。

傘をさしている日本人の多くが、透明なビニール傘を使っていることに気がついたアメリカ人。

「あの傘を持っている人多いよね!人気なの?」

人気かと聞かれ、少し考えました

好んで使っている方も多いと思いますが、どちらかというと傘を忘れて仕方なく買うイメージです。

「傘がなくて困ったとき、コンビ二や薬局で気軽に安く買えるんだよね」

日本-ビニール傘-傘-japan-umbrellas

たまたま入ったお店に売っていたので「これがあの傘だよ」。

すると、「なるほど〜確かに安いね」

しかし別の日に、折り畳み傘をお店で見ていたとき。

「普通の傘も意外と安いね」と言われました。

突然の雨で今すぐ傘が必要であれば仕方がないそうですが、そのアメリカ人は普通の傘を買って長く使いたいそうです。

日本には軽くて、しかも小さい傘がたくさん売っています。

それをバッグに常に持っていたとしても、邪魔にならないのにな〜と言われました。

「どうしてあのビニール傘を使い続けるのだろう」と思ったそうです。

3. 半熟たまご

ある日、半熟たまごがピザにのっているのを見たとき。

「うわぁ、ピザにたまご初めてみた!!」

私が「美味しそうだよね〜」と微笑ましく眺めていると…

「食べられないんだよね」と言われました。笑

そのアメリカ人は、卵は好きでも半熟が食べられないそうです。

私の他のアメリカ人の知り合いも、半熟たまごが苦手な人がわりといます。

日本では卵の人気が高いのか、卵をのせるとより美味しく食べられるからなのか、色々な食べ物にのっています。

別の日、半熟たまごの入った焼きそばを見つけて、またまた驚いていました。

寿司-スシロー-まぐろ-軍艦-japan-sushi-sushiro-gunkan

回転寿司にいったときも、まぐろの軍艦に半熟卵がのっているのを発見!

「日本はいろんなものに半熟卵がのっている」と嘆いていました笑 

カルボナーラ-パスタ-スパゲッティ-生卵-japan-carbonara-pasta-spaghetti-rowegg

ある日、私が頼んだカルボナーラに生卵がのっていました。

「なに?!たまご?!」と言葉を失っていました。笑

言われて見れば、日本で見かける卵料理は「たまごの半熟率」が高いなと思いました。

もちろん半熟が好きなアメリカ人もいると思いますが、その人にとっては信じがたい話なのだとか。

「意外と好きになるかもよ食べてみたら?」と言ってみましたが、「うーん、ダメ」

食べず嫌いではなく、一度食べて以来苦手なんだそうです。

4. ランドセル

ランドセル-色違い-japan-backpack-randoreru

ランドセルは、日本の小学生の必需品ですよね。

「硬そう…」とアメリカ人に言われました。笑う

大きなボックスを背負っているみたいで大変そう」。

「小学生はランドセルでないとだめなの?」

今まで考えたこともなかったなぁと思いました。

ランドセル売り場で、実際に手にとって触っていましたが「値段高いね」とも言っていました。

私の小学校では、机に教科書を置いていくことが禁止で、毎日重いランドセルを背負って登下校していました。

アメリカでは私立などでは分かりませんが、リュックサックに決まりのある学校というのは聞いたことがありません。

自分の好みや個性に合わせて、色々なリュックサックをみな持っています。

低学年は肩からずれ落ちないよう小さめのリュックを持っていたり、大きくなったときの事を考え、大きめのものを持っている子もいます。

アメリカでお店の店員さんが教えてくれたことですが、学校にしょっていくリュックが重すぎると、背中に痛みを発症する可能性があるとのこと。

お医者さんによれば、子供の体重の10~15%以上の重さのものをしょうべきではないと言うのです。

肩のストラップが細いタイプのものは、重さによっては血の巡りや神経などにも影響するとのこと。

おすすめは軽いもので、幅の広くストラップがついたもの。

やわらかいクッションが背中などに入っていて、ウエスト部分に重さを支えるベルトがついている。

またリュックの重さのバランスを保つため、用途の違う仕切りが多くついたもの。

店員さんの話を聞き、もしかしたら日本のランドセルは、そういう大切な要素を兼ね備えていて、しかも丈夫に作られているのかもしれないとも思いました。

しかし、売れていたランドセルの平均価格は3万~5万円。

平均よりも安いものは、肩ベルトがこわれたり、型崩れしたりするなんて話を聞いたことがあります。

数万円のものが6年間使えないなんて、切なすぎますよね。

ランドセルの機能性やすばらしさがアメリカ人に伝わっても、小学生のリュックにそんな大金がかかるなんて「大変だ」と言っていました。